ようこそ

  • b0270b70-0c3f-4cdc-ba73-e21806e387b4
  • b0270b70-0c3f-4cdc-ba73-e21806e387b4
  • b0270b70-0c3f-4cdc-ba73-e21806e387b4
  • b0270b70-0c3f-4cdc-ba73-e21806e387b4
  • b0270b70-0c3f-4cdc-ba73-e21806e387b4
  • b0270b70-0c3f-4cdc-ba73-e21806e387b4
  • b0270b70-0c3f-4cdc-ba73-e21806e387b4
  • b0270b70-0c3f-4cdc-ba73-e21806e387b4
  • b0270b70-0c3f-4cdc-ba73-e21806e387b4
  • b0270b70-0c3f-4cdc-ba73-e21806e387b4
  • b0270b70-0c3f-4cdc-ba73-e21806e387b4

K-Guesthouse Insadong 2へようこそ

nseoultower-5-_-a-i-freepic-a-e.jpg

K-Guesthouse Insadong 2は、鍾路(チュンノ)と仁寺洞(Insadong)の間に位置する。

鍾路の歴史

cheonggyecheon-6-1.JPG
「すべての道が鐘路に導かれている」という言葉があります。清渓寺広場、光化門交差点、光化門交差点を挟んだ朝鮮日報ビルの前には、ソウルを中心とした韓国の各都市との距離や、ニューヨーク、ロンドン、ベルリンなどの主要都市との距離がある星型の建物があります。それは私たちが「道のマイルストーン」と呼ぶものです。この道路標識は、鍾路(チョンノ)が韓国のすべての道路の出発地と最終目的地であることを示しています。

過去600年にわたって、鐘路はソウルの中心地であり、人々の生活の場となっています。 2002年の韓日ワールドカップでは、鍾路(チョンノ)地区と仁寺洞(チョンノ)地区はダイナミックであり、鍾路(チョンノ)地区は歓声と叫び声でいっぱいだった。鍾路(チョンノ)は今もなお息を吹き続けている。

K-Guesthouse Insadong 2

insadongmainstreet-3-1.JPG
ダイナミックな鍾路&洞窟地区に位置するK-Guesthouse Insadong 2は、地下鉄1号線と空港リムジンバス停から徒歩わずか3分です。

2005年に再建された清渓広場などの観光スポットの近くに位置しています。ソウルの誇りであるボシン閣では、12月の最後の日である仁寺洞、ハングルストリート、5つの古い宮殿があります。テラスの夜景もあり、クァンチョル洞のナイトビューと1番グルメの場所を一目で見ることができます。 K-Guesthouse Insadongにはこれらのアトラクションへのアクセスがあります。ただそれを逃すことはありません。